ハワイのユニークな英語「ピジン・イングリッシュ」
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

  • 050- 5807- 3410 営業時間 12:00〜17:00
    定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)/年末年始
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません

    ※お電話でのお問い合わせの際は
    「スタディハワイのHPを見た」とお伝え下さい

head_menu

ハワイのユニークな英語「ピジン・イングリッシュ」

ハワイ留学前のLet's study English

ハワイ留学TOP > > > ハワイのユニークな英語「ピジン・イングリッシュ」

ハワイのユニークな英語「ピジン・イングリッシュ」

「ピジン・イングリッシュ」とは

ハワイのユニークな英語「ピジン・イングリッシュ」

日本からハワイへ留学する人の中には地方出身者も大勢いますが、日本の方言と同様に英語にも地域によって方言(なまり)があることをご存知でしょうか。

ご存知のとおりイギリス英語とアメリカ英語では異なりますし、オーストラリア英語とそれらもまた違います。
ハワイ以外の英語圏に留学したことのある人は実感しているかもしれませんね。

ハワイにもハワイ独特の英語があり、一般的に「ピジン・イングリッシュ」(ハワイアン・ピジン)と呼ばれています。ちなみにハワイに住む人々を指すlocoという言葉も、localを語源としたピジン・イングリッシュです。

そんなピジン・イングリッシュが生まれた背景には移民の歴史が。
19世紀頃、ハワイには白人たちによりサトウキビやパイナップルの農場が次々と作られ、多くの働き手が必要になりました。その働き口を目当てに日本や中国といったアジア圏、ポルトガルなどのヨーロッパ諸国、プエルトリコなどの中南米からも多くの人がハワイへと移り住みました。

そんな異なる母国語を持つ彼らの共通言語として誕生したのがピジン・イングリッシュ。文法はひとまず、単語を連ねたシンプルなものとして話し始められ、やがてひとつの言語になったのです。

日本から来た移民が多かった影響で、日本人に発音しやすいピジン・イングリッシュはたくさんあります。ハワイに留学するなら、通常の英語と一緒にピジン・イングリッシュも使ってみてはいかがでしょうか。短期留学のみなさんでも覚えやすそうな代表的なものをいくつかご紹介します。

ピジン・イングリッシュの具体例を順にご紹介致します。

●Eh(エェ)

意味:やぁ、ねぇ
通常の英語の「Hey!」にあたる言葉で、誰かに話しかけるときにまさに日本語で「ねぇ!」と言うように短く発音します。

brah / bruddah (ブラ/ブラダ)

意味:兄弟、仲の良い友達
もちろん「brother」からきた言葉で友達同士、特に男性同士が親しみを込めてこの表現を使います。
ハワイの大物ミュージシャンのIZも、「Bruddah IZ」の愛称で親しまれています。
ちなみに、女性の場合(sister)は「sistah」(シスタ)です。

Howzit? (ハウズィッ?)

意味:どう?元気?
標準英語の「How are you?」と同じ意味で、「How is it?」が元になっています。
ハワイではとてもポピュラーな表現で、朝・昼・晩と時間に関係なく友達同士で使われます。
前述の2つの言葉と合わせて、留学中に仲良くなったクラスメイトに「Eh brah, howzit?」とフレンドリーに挨拶してみてはいかがでしょうか。

da kine (ダ・カイン)

意味:?とか、?みたいな、ほら、あれ
何にでも当てはまる便利な表現で、サーフブランドの名前にもなっている言葉です。語源は「that kind of thing」。
こちらもハワイ留学中友だちに「Eh, you know da kine?」(ねえ、あれ知ってる?)と話しかけるのに使いたいですね。

broke da mouth (ブローク・ダ・マウト)

意味:とても美味しい
「broke the mouth 」を元にした表現。直訳すると「口を壊した」ですが、美味しいときに使います。日本語の「美味しくてほっぺたが落ちる」というにも似てますね。
ちなみに、ハワイではtheやthatをdaとしばしば発音します。「暑い日」はda hot(ダ・ホット)、「(値段が)高い」はda expensive(ダ・エクスペンシブ)など、ハワイでは「ダ」で始まる表現が多用されています。

Shoots!(シューツ!)

意味:はい、オッケー
いわゆる「OK」の意味です。
ハワイ留学でホームステイする人は、例えばホストマザーに「夕食は6時からよ!」と言われたときなどに「Shoots!」と返事してみると良いでしょう。

I owe you money or what? (アイ・オー・ユー・マニ・オア・ワット?)

意味:何見てるんだよ!
穏やかじゃない言葉です。直訳すると「あなたにお金を借りたりしている?」となりますが、ピジン・イングリッシュではけんか腰の一言。
ハワイでは遠慮なく人を見つめることは失礼に当たり、それをされた側が抗議のために使う表現です。

Make house! (メイク・ハウス!)

意味:くつろいでくださいね!
一般的な英語でいうところの「Make yourself at home.」に相当する言い方で、「自分の家にいるみたいにリラックスしてね」というニュアンスで使われます。
ハワイ留学でホームステイ先に到着したときや、現地の人の家に遊びに行ったときに言われるかもしれません。

shaka (シャカ)

意味:いいね!
「All right!」や「Great!」と同じような意味をはじめ、「どう?」「気楽にいこう!」などさまざまな場面で使われる言葉で、通常は親指と小指を立てたハンドサイン(アロハと同じポーズ)を出しながら言います。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.