ハワイ語学留学基礎知識 目的で選ぶ 短期語学留学
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国8箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 東京スカイツリー 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国8箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

ハワイ語学留学基礎知識 目的で選ぶ 短期語学留学

ハワイ語学留学基礎知識

> > ハワイ語学留学基礎知識 目的で選ぶ 短期語学留学

短期語学留学

短期留学とは

短期留学とは短期語学留学とは?
短期留学はあまり気負わずに渡航出来、沢山のものを吸収して一番楽しい時期に盛り下がることなく帰国出来ることが一番のメリットです。短期留学とは主として大学間の交流協定に基づき、母国の大学に在籍しつつ海外の大学で学ぶことを指します。
必ずしも単位修得を目的とせず、他国や地域の大学や生活における異文化体験や語学の習得を目的としています。以前はそのような認識が一般的でしたが、昨今は高校生や社会人、シニア等の年齢を問わず短期で留学することを短期留学といいます。
特に時間のない社会人に人気が上がっており、夏休み等の長期休暇を使って留学する人も多いようです。

ハワイ留学を検討する方に、短期留学をする際に気を付けることや必須アイテムご紹介。

短期留学の目的

やはり一番の目的は語学の習得でしょう。
しかしそれだけにとどまらず、現地の文化や人々とのコミュニケーションを深めたり、日本では体験出来ないことや日本とは違う環境での一人暮らしや、家族とは違うホストファミリーと暮らすこと等の非日常を体験するという大きな割合を含みます。
留学を終えて帰国した際、一回り成長することが出来るのではないでしょうか。

短期留学に必要なもの

短期留学に必要なもの短期留学の滞在期間は長くて三か月程度。
あわただしいままに毎日が過ぎ去り、最高に楽しくなってきたころに帰国…なんて声をよく耳にします。この際日本との接触は一切遮断してホームシックにもかからないほど満喫するのもアリですよ。

パスポート
パスポートが無いと渡航することが出来ません。
また、有効期限も重要ですので必ずチェックしておきましょう。
パスポートが有効期限切れで更新のために日本に一度戻らなくてはいけないことにもなりかねません。

ビザ
国によってはビザが無いと入国出来ない場合や、定められた期間を超えての滞在はビザが必要な場合があります。
特に学生として滞在する場合ビザは必要不可欠です。

保険の加入
あってはいけないことですが海外滞在中に不慮の事故で病気やけがをしてしまうこともないとは言い切れません。
特にハワイは医療費が非常に高額で、治療の手続きも少し面倒ですので海外旅行保険や留学保険に加入しておくことをお勧めします。

クレジットカード
必須というわけではありませんが、海外の人々は現金を持ち歩くこと少ないようです。
また、いざという時のために用意しておくとよいでしょう。

携帯電話のローミング
こちらも必須というわけではありませんが、何かあった時のために携帯電話を海外でも使えるようにしておくと便利です。

短期留学で気を付けること

滞在先について短期留学の際にこれだけは気を付けたいという事を調べてみました。
限られた時間を有効に活用して充実した留学ライフを送りましょう!

体調管理
短期留学で大切なことは限られた短い時間をどれだけ有効に活用し、自分のプラスになるものを吸収出来るかという事です。そこで気を付けなくてはいけないのが「体調不良」。
せっかく留学したのに留学期間中はずっとベッドの中で何も出来なかった、なんてことにならないためにも体調管理に気を付けることはとても大切です。
特に初日と最初の一週間が勝負です。時差ボケを引きずったり、うまく海外の生活になじめなかったりしてストレスを感じることが心配です。しかしそこは病は気から!楽しみを見つけて精一杯留学生活を楽しみましょう。
持ち孫渡航前は万全の体調で早めに就寝することも忘れずに。

睡眠
慣れない土地においての体調管理が大切なことは先にもお話しましたが、睡眠はその最たるもの。
張り切って夜遅くまで勉強し過ぎて風邪をひいてしまった、仲間と夜遊びして寝不足で翌日フラフラ…なんて、本末転倒です。留学中は慣れない土地での緊張感から自分でも気が付かないうちに体力を消費しています。
生活サイクルに慣れ、良質の睡眠を心がけるようにしましょう。

服装
あくまで勉強をすることが一番の目的ですから、服装は華美になりすぎないようにしましょう。
お気に入りのオシャレ着やスーツ等も必要な時があるかもしれませんが、その土地に慣れていない人が派手、またはセクシーすぎる服装をしていると恐喝や暴行などのトラブルを招きかねません。
また、衣類などは現地でも比較的安価で購入出来ますし、日本とは気候も違いますので「せっかく持って行ったけど暑くて着なかった」なんてことにもなりかねません。
かといってダサすぎたり留学生丸出しというのも問題です。
大切なのはその土地の人々に合わせて自然な服装をすることです。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.