ドライブ
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

ドライブ

ハワイ留学ライフをenjoy!

> > ハワイ留学ライフをenjoy ! > 楽しみ方ガイド > ドライブ

ドライブ

楽しみ方ガイド ドライブ

ドライブ

大自然に囲まれ美しい景色を誇るハワイの島々。観光客の多いオアフ島・ワイキキの中心から離れたポイントにも、魅力あふれるドライブスポットがたくさんあります。鉄道網のないハワイでの移動手段は、自動車のみ。交通ルールをきちんと守り、レンタカーを利用することでハワイライフがさらに楽しめます。ハワイの風を感じながらのドライブは、日本では味わえない貴重な体験となるはずです。ここでは、ハワイと日本での交通ルールの違いやドライブ時の注意など、ハワイでのドライブに必要な豆知識をご紹介します。

運転免許証

ハワイでは国際免許証の必要がないため、日本の運転免許証で車の運転が出来ます。日本の免許証でレンタカーが可能ですが、出来れば国際運転免許証を持参したほうが良いでしょう。ただし、国際運転免許証のみでの運転は違法になってしまうので、必ず日本の免許証も携帯すること。国際運転免許証は、ハワイでの身分証明書にもなるので、持っていると便利です。

レンタカーについて

鉄道網のないハワイでは、バスが唯一の公共交通手段です。ハワイに滞在中は、レンタカーをうまく利用することで行動範囲をひろげ、ハワイライフをさらに充実したものにしてくれるはず。ハワイのほとんどのレンタカー会社では、21歳から車のレンタルが出来るのでおすすめです。ハワイでのレンタカーは、日本で予約をしてからハワイでレンタルするのが一般的。現地で直接レンタルする場合には英語での会話が必要となりますが、日本語が通じるレンタカー会社もあるので事前に調べておくと良いでしょう。手続きの際には、日本の運転免許証または国際運転免許証、本人名義のクレジットカード、予約確認書が必要です。ハワイのレンタカー会社では、簡単な操作で行先をセット出来るGPS日本語対応のカーナビ搭載車が用意されている場合が多いので、安全で快適なドライブが楽しめます。

日本と異なる交通ルール

日本からの観光客も多く、慣れ親しんでいるハワイでも、日本の交通ルールとは異なることがたくさんあります。思わぬ事故に巻き込まれないためにも、ハワイの交通ルールを事前に知っておくことが大切です。

右側通行

まずす、これだけはしっかりと頭の中に入れておく必要があります。特に道路沿いの駐車場から発信する時や、角を曲がった時、一方通行の道路から両方向通行の道路に入った時には、要注意。常に、自分がセンターラインの左側にいることを意識しましょう。

右折

ハワイでは、赤信号でも右折が出来ます。右折前に一旦停止をして、歩行者や車が来ないことを確認すれば、そのまま右折しても大丈夫。ただし、「NO TURN ON RED」の標識がある場合は、赤信号時の右折が禁止です。

左折

日本で右折する時と同じ感覚ですが、左折後に左車線に入りやすいので、注意が必要です。

一時停止「STOP」

一時停止後は、優先道路から先に発進するのではなく、先に交差点に近づいて停止した車から順に発進出来ることになっています。

標識「YIELD」

合流地点の赤い「YIELD」という標識は、「ゆずれ」という意味です。前方の道路が優先道路なので、優先権のある車の通行を妨げないように合流しなくてはなりません。ハワイでは、一時停止の「STOP」よりも「YIELD」が多いので、気をつけましょう。

一方通行

ワイキキやダウンタウンは、一方通行が非常に多いので気をつけましょう。「ONE WAY」は一方通行入口、「DO NOT ENTER」は一方通行出口の意味です。

駐車違反

ハワイの駐車違反の取り締まりは厳しいことで有名で、観光客であっても同様に罰せられます。 「TOW AWAY」というレッカー移動区域で、縁石が赤や黄色に塗られた場所、消火栓のある場所は、基本的に駐車禁止です。駐車場内であっても、駐車スペースとして指定されていない場所に駐車すると違反になります。

スクールバス

ハワイでは、スクールバスが赤いランプを点滅して停車し、学童の乗り降りをしている間は、後続車だけでなく対向車も停車しなくてはいけないルールがあります。このルールを知らずにスクールバスを追い越してしまうと違反になるので、気をつけましょう。

有料道路の料金所

ハワイでは、有料道路の料金所が大型車、乗用車という区分以外に、釣り銭が必要かどうかで分かれている場合があるので、事前によく確認しておきましょう。

ハワイのドライブでの注意点

交通ルール以外にも、ハワイでドライブする際には気をつけた方が良い点がいくつかあります。のんびりした風土のハワイでも、日本と同じ感覚でいると思わぬ事故や事件に巻き込まれる可能性もあるので、心得ておきましょう。

車内に貴重品を置いたまま車を離れない

治安が良いと言われているハワイでも、自動車の盗難事故は年々増えています。短時間であっても、貴重品は必ず持って出ることを忘れずに。/p>

緊急時以外のクラクションは鳴らさない

日本と同じような感覚で、お礼のつもりでクラクションを鳴らすのは、マナー違反になります。危険を知らせる時以外は、使わないようにしましょう。

ヒッチハイカーを乗せない

ヒッチハイカーが必ず悪い人ではありませんが、強盗や事件に巻き込まれるケースも実際にあります。知らない人は、絶対に車に乗せないようにしましょう。

ガソリンは早めに補給

ハワイでは、日本と違ってすぐにガソリンスタンドが見つかれないことがあります。ガソリンの残量は常に確認しておき、早めの給油を心がけましょう。

夜間のドライブ

日本と交通ルールが異なるため、ハワイでの運転は昼間でも神経を使います。街灯が少なく標識も読みづらいことを考えると、夜間のドライブは控えた方が良いでしょう。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.