カルチャー
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

カルチャー

ハワイ留学ライフをenjoy!

> > ハワイ留学ライフをenjoy ! > 楽しみ方ガイド > カルチャー

カルチャー

楽しみ方ガイド カルチャー

カルチャー

ハワイの文化は独特です。ハワイ語やフラ、ハワイアン・キルト、レイ、ハワイアンミュージックなどは、まさにハワイの文化を象徴するもの。ハワイでは、ぜひハワイアンカルチャーに触れてみましょう!

ハワイ語

ハワイ語は、ハワイ人の先祖代々の言語です。英語とともに、ハワイ州の公用語となっています。現在では、ほとんどの人が英語を用いて生活をしているため、ハワイ語は消滅の危機を迎えています。ハワイ語は、音の要素から日本人でも発音しやすいのが魅力です。

ハワイ語の挨拶

Aloha kakahiaka (アロハ カカヒアカ)おはよう
Aloha awakea (アロハ アワケア)こんにちは
Aloha ahi ahi (アロハ アヒ アヒ)こんばんは
Aloha au ia `oe (アロハ アウ イアー オエ)愛しています
Aloha mai (アロハ マイ)ようこそ
Mahalo (マハロ)ありがとう
Pehea `oe? (ペヘア オエ)お元気ですか
A hui hou (ア フイ ホウ)また会いましょう
Hau`oli la hanau (ハウオリ ラーハナウ)お誕生日おめでとう

フラ

フラは、ハワイの物語や伝統、文化を守り続ける詠唱や歌に合わせて踊る独特のダンスです。
カヒコと呼ばれる古典的なスタイルと、アウアナと呼ばれる現代的なスタイルがあります。「フラ」がダンスの意味なので、詳しい人たちの間では「フラ」と言われていますが、一般的には「フラダンス」という言葉が馴染み深いものとなっています。

フラ・カヒコ(古典フラ)

ドラマティックな詠唱と打楽器の演奏に合わせ、伝統的な衣裳で踊られるのが、フラ・カヒコです。
イプヘケと呼ばれるヒョウタンや、鮫の皮で作られたパフドラム、イリイリと呼ばれる石のカスタネットや、竹を使ったカラーアウと呼ばれる打楽器を使うのが特徴。宗教行為として奉納されるときのフラ・カヒコは、南国のイメージからは離れた極めて厳粛なものです。

フラ・アウアナ(現フラ)

19世紀に入ってから、西洋の音楽を取り入れて創り出された新しい形式のフラ。観光客にもお馴染みなのは、こちらのフラです。和音を出すことが出来る楽器を使用し、現代的で流れるようなスタイルで踊るのが特徴です。レパートリーは固定されていないので、今なお新作も創り出されています。

フラが大々的に日本で広まったのは、常磐ハワイアンセンターの開園時。このとき演じられていたのはフラ・アウアナ。これがきっかけで、長い間日本ではフラ・アウアナだけが「フラダンス」として知られていました。フラ・カヒコが注目されるようになったのは、ハワイ文化への関心が高まった1990年代頃からのことです。

ハワイアンキルト

ハワイアンキルトとは、ハワイの伝統的なキルトのこと。1820年代にヨーロッパからハワイへ渡った、宣教師の妻たちの手によって伝えられたと言われています。保温用としてのキルトが必要なかったハワイでは、装飾用のキルトが発達しました。
ハワイアンキルトの大きな特徴は、無地の2色の布を使って自然を表現した植物や生き物のモチーフからデザインされていることと、モチーフのまわりに波を打つようにキルティングしていくエコーキルティングです。
また、パッチワークキルトは、いろいろな小さなピースをつなぎ合わせて作るため、あらかたピースをつなぎ終わってからでないと全体像が分かりにくいですが、ハワイアンキルトはモチーフをアップリケのように縫い付けるので、完成図がすぐにわかりやすいというのも特徴の1つです。
ハワイアンキルトは、他国のキルトにはなかなか使いにくい鮮やかな色合いの生地でもしっくりとなじむので、見ているだけでも元気が沸いてくるような感覚になります。
ハワイ旅行の際のアクティビティとしても人気があり、本格的に学ぶためにハワイへ留学するという人も少なくありません。語学留学をしながら、ハワイアンキルトを学ぶのも良いでしょう。

ロミロミ

ロミロミとはハワイの伝統的な治療法の1つで、古代ハワイアンが医療として行っていた癒しの方法。「ロミ」はハワイ語で「揉む」「押す」「マッサージする」という意味の言葉です。もともとは医療行為として行われていましたが、現在ではリラクゼーションとして親しまれています。ハワイをはじめ、世界各地のスパでも人気を集めています。

ロミロミの効果

血液の循環を促進する

腕や肘、手の平を使ってリズミカルに全身くまなく刺激することにより、血液の循環を促進させて、内蔵本来の働きを取り戻します。

身体の凝りや冷えを解消する

個人個人の身体の状態を見極めながらマッサージをしていくので、凝りも取れて血流が良くなります。また、オイルを使うので、肌も健康的な潤いを取り戻します。

心身共にリラックスする

古代ハワイでは、身体と精神感情は互いに栄養を及ぼし合っているものと考えられてきました。日本でも、「病は気から」と言われてきたように、身体の不調の原因は肉体ではなく精神的な面にあるものだと思われています。ロミロミでは、精神的な緊張からも解きほぐされます。

ストレスを解消する

手を使ってのマッサージなので、ぬくもりが伝わります。何かに対してイライラしていたり、不安が強い状態から癒され、優しい気持ちになれることでしょう。

自然治癒力を向上させる

身体が本来持っている自然治癒力を高めます。血行が促進されることで、体質改善にも。

老廃物を除去する

身体にたまった不要なものを除けば、美容にも効果的です。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.