持ち物チェックシート
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

持ち物チェックシート

ハワイ留学準備豆知識

> > ハワイ留学準備豆知識 > 渡航前の準備 > 持ち物チェックシート

持ち物チェックシート

渡航前の準備 持ち物チェックシート

持ち物チェックシート

留学へ出発する日が迫ってくると、日に日に胸も高鳴りますね。
留学を充実させるための第一歩は、出発の前に忘れ物がないかきちんとチェックすることです。また、留学中に本当に必要なものかを吟味することも大切です。
ここでは、留学の際の持ち物をリストアップしてみました。チェックにお役立て下さい。

貴重品類

  • パスポート(パスポートの番号や発効日を控えておきましょう)
  • ビザ(勉学が目的の留学の場合は学生ビザが必要)
  • 入学許可証(留学先の学校への入学が正式に許可されたという証明書)
  • 保険証券(海外留学保険などに加入しておきましょう)
  • 現金(事前に現地通貨に両替を)
  • クレジットカード(ホテルを利用する際や短期滞在にも便利)
  • トラベラーズチェック(購入したら一枚一枚にサインをすることをお忘れなく)
  • 入国審査に必要な書類(滞在先の証明や財政証明書など)
  • 航空券・パス・切符など(忘れたら旅行がストレスだらけになってしまいます)
  • 国際運転免許証(海外で自動車の運転をする場合に携帯します)
  • 写真(パスポートの紛失時などに必要になります)
  • 重要書類のコピー(重要な書類はコピーをとって原本とは別なところに入れましょう)
  • 緊急連絡先の控え(特にクレジットカードと海外旅行保険の緊急連絡先は重要です)
  • 自宅の鍵など(普段から貴重品として扱っているものはなくしたら困ります)
ポイント

貴重品は、くれぐれも盗まれないように注意して下さい。
重要書類のコピーは、必ず原本と違う場所に入れてしっかり管理しましょう。

バッグ

  • スーツケース(目的に応じたサイズを選びます)
  • スーツケースベルト(ロック付のスーツケースベルトがおすすめ)
  • ネームタグ(自分の荷物を判別するのに役立ちます)
  • 貴重品バッグ(貴重品を肌身離さず持ち歩くためのバッグ)
  • サブバッグ(街を歩くときや、お土産を入れるためのバッグがあると便利です)
ポイント

機内に持ち込めるスーツケースのサイズは、100席以上の航空機の場合は、三辺の合計が115cm以内、幅×高さ×奥行きのすべてが55cm×40cm×25cm以内、重さが10kg以内。
100席未満の航空機の場合は三辺の合計が100cm以内、幅×高さ×奥行きのすべてが45cm×35cm×20cm以内、重さ10kg以内が目安です
各航空会社によって若干の違いもありますので、事前に確認して下さい。

衣類

  • 下着
  • トップス(Tシャツなど)
  • ボトムス(ジーンズやチノパンなど)
  • アウター(暑いところでも上に羽織るものがあると便利です)
  • 靴下
  • (スニーカーなど歩きやすいものを準備しましょう)
  • サンダル(室内履きとしても使えます)
  • 携帯用スリッパ(飛行機内でくつろぐときに)
  • アイマスク
  • パジャマ
  • 水着(日本製は良いといわれています)
  • 帽子・サンバイザー(日差しを避けるためにサングラスもあると便利)
ポイント

衣類はかさばるものなので、出来るだけ厳選して選びましょう。
留学の場合の普段着は、特に着飾る必要はありません。
ハワイなど、日差しが強いところへの留学では帽子やサンバイザーが活躍します。

医薬品・衛生用品

  • 整腸剤(慣れない食生活に)
  • 風邪薬(解熱剤もあると良いです)
  • 絆創膏
  • 虫除け(野外での活動が多いときにも)
  • 日焼け止め
  • 酔い止め
  • 消毒液
  • マスク
  • ハンカチやタオル
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • リップクリーム(飛行機内での乾燥対策に役立ちます)
  • 便座クリーナー
  • 爪切り
  • 耳かき
  • ティッシュ(ポケットティッシュもあると便利)
  • ウェットティッシュ
  • シャンプー・リンス
  • 石鹸
  • ブラシ
  • 化粧品
  • 洗顔料
ポイント

海外に持っていく薬は、一度は飲んだことがある薬を持っていくようにしましょう。
現地での調達が難しそうなものは、日本から持参することをおすすめします。

電気製品

  • 変圧器(海外は電圧が日本とは異なります)
  • 電源変換プラグ
  • バッテリー
  • 充電器
  • ドライヤー
  • アイロン
  • シェーバ
  • 目覚まし時計
  • カメラ・デジタルカメラ
  • フィルム・メモリーカード(デジタルカメラを持っていくならお忘れなく)
  • 電子辞書(現地での会話や調べ物に)
  • 電卓
ポイント

海外では電圧やプラグの形状が日本とは異なる場合があるため、変圧器・電源変換プラグが必要なことがあります。
最近では、海外対応の電化製品も多く出回っていますので、あらかじめそういったものを購入するのも良いでしょう。

その他

  • チェーン錠
  • 筆記用具
  • ガイドブック
  • 日程表
  • 腕時計
  • めがね・コンタクト(普段使っている人は忘れずに)
  • 衣類圧縮袋
  • 洗濯用品(洗濯物を干すためのビニール紐や洗濯ばさみがあると便利)
  • ソーイングセット(簡易なものでも準備しておくと安心)
  • 万能ナイフ
  • オペラグラス
  • お土産(ホームステイをする場合日本を感じるお土産を持っていくと喜ばれます)
ポイント

盗難防止のためのチェーン錠があると、防犯への意識も高まります。
留学先の日程表などがある場合は、コピーをとって日本にいる家族に渡しておきましょう。

この情報は変更になることがありますのでご注意下さい。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.