マナー・チップ
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

マナー・チップ

ハワイ留学準備豆知識

> > ハワイ留学準備豆知識 > ハワイの習慣 > マナー・チップ

マナー・チップ

ハワイの習慣 マナー・チップ

マナー・チップ

ハワイには観光客をはじめ、どれだけ日本人が多いとはいえ、日本とハワイでは文化やマナーも大きく異なります。

日本では日常的に何ら問題のない行為なども、ハワイでは絶対にご法度!なんてこともしばしば。
ハワイにはハワイのマナーがあるので、それを守るのは当然です。日本の「郷に入れば郷に従え」という言葉通り、たとえ短期間の留学だとしても移住するからにはその国のマナーに従うことはとても大切な事です。
そこで、ハワイに留学する前に知っておきたい最低現の習慣やマナーをしっかり覚えましょう。

あいさつ

これはマナーではなく一般的な常識ですが、あいさつをされたら必ず笑顔であいさつを返しましょう。アメリカ人の中には日本人を「あいさつしても反応が無い」「元気な笑顔が無い」と感じる人もいるようです。
「英語が話せないから」という理由もわかりますが、たとえ英会話が苦手だとしても「ハイ!」と一言返事をするだけでコミュニケーションが取れ、自分自身の気分も良くなるはずです。

チップについて

チップについて

日本にはチップの習慣が無いためか、中には支払わない人もいるようです。
そこで、最近はレストラン側も自衛策として伝票にあらかじめチップの額を書き入れる、もしくは伝票を差し出す際にチップ額を提示してくるケースも増えています。
まずは、いくら払えば良いかですが、レストランは料金の15%。伝票にチップの額と合計を書き込んでクレジットカードにチャージしてもらうか、現金で支払います。もしくはテーブルに残す方法も。また、メイドに対してはベッド1床につき1ドルが基本です。タオルなどの消耗品の補充を頼んだり、部屋が散らかったりしている場合にはプラスアルファをしましょう。

空港のポーターやホテルのベルボーイに対しては、運んでもらった荷物1個につき1ドル前後が相場です。そして、ルームサービスは料金の15%を渡します。
ファストフードなどのカウンターサービス店やビュッフェは原則的にチップが不要ですが、ホテルやレストランのビュッフェにはチップが必要なので注意しましょう。また、バーなどの場合には、飲み物を持ってきてもらった毎に50セントずつ渡します。そして、タクシーも料金の15%が基本ですが、一般的にはドライバーに1ドルを渡します。他にも、美容師やエステティシャンなどにも料金の15〜20%を支払います。

このように色々と常識的な物がありますが、チップというのは謝意の表現でもあるわけですから、何かしら良くしてもらった場合にはこれにプラス、逆に不満を感じた場合にはここからマイナスすれば良いでしょう。
また、チップを渡す場合には出来るだけ紙幣で支払い、1セントや5セント硬貨は使用しないようにしましょう。

タバコとアルコールについて

ハワイ州は禁煙運動に敏感なアメリカ国内の中でも、比較的喫煙にかなり寛容な州です。喫煙が可能な場所は割と多くありますが、愛煙家の方は用心しましょう。
例えば、ビーチや公園など公共的な場所では禁煙だけではなく、アルコールの飲酒もご法度です。また、ショッピングセンターなどはほぼ禁煙。喫煙場所もありますし、路上での歩きタバコはもちろん、飲酒などは絶対にやめましょう。もちろん、吸殻のポイ捨てなども日本と同様論外です。

パブリックスペースについて

楽しい海外旅行。特にハワイでは普段はマナーを守る人でも、ついつい羽目を外しがちなので、プライベートスペースとパブリックスペースの使い分けには注意しましょう。
例えばホテルの場合ですが、室内ではいくら寛いでいてもドアを一歩出れば公共の場。日本の旅館などでは、大浴場や温泉があるので、うっかり間違えがちですが、廊下やロビー、エレベータなどでは絶対に下着や浴衣やスリッパ履きで出歩かないようにして下さい。
また、このような公の場で走ったり大声で話したりするのも厳禁です。そして、便利なのでやりがちですが、ラナイ(ベランダ)に水着や下着、タオルなど洗濯物を干すのもマナー違反なので絶対にやめましょう。

レディファーストについて

ハワイなど欧米ではレディファーストは常識です。例えば、レストランでテーブルに着席する際には必ず女性を先に座らせましょう。もしも、ウェイターが椅子を引かない場合には、連れの男性がそっと椅子を引くことになります。
また、ドアの所で女性や子供と偶然一緒になった場合には、手でドアを押さえて、「お先にどうぞ」という意味の「After you」と言うように心がけましょう。そして、女性は逆にこうしてもらった場合には「Thank you」と、お礼を伝え、感謝を必ず忘れないで下さい。

身体の接触について

ハワイをはじめアメリカの人たちは、満員電車などで比較的慣れている日本人よりも身体の接触を嫌がるといわれています。狭い通路では反対側で相手が通過し絶対にぶつからないところに行くまで待つほどです。
まずはこの習慣を頭に入れておき、出来る限り身体が触れたりぶつかったりしないように、特に混雑している場所では注意をしましょう。それでも万が一、肩や手などが触れてしまった場合には「Excuse me」と必ずひとこと言うのを忘れずに。

この情報は変更になることがありますのでご注意下さい。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.