交通事情
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

交通事情

ハワイ留学準備豆知識

> > ハワイ留学準備豆知識 > ハワイの習慣 > 交通事情

交通事情

ハワイの習慣 交通事情

交通事情

海外に行くと、慣れない交通事情にあたふたする人も多いのではないでしょうか?
せっかくの留学生活です。そうならないためにも、ここでハワイの交通事情について調べてみましょう。
移住の際にはぜひ活用したいハワイの交通機関〜交通ルールまで、さまざまな交通事情に迫ってみました。
ハワイの交通移動手段には、唯一の公共機関であるザ・バスやワイキキ・トロリー、タクシーなどがあげられます。
ここでは、それぞれの特徴や料金についてみていきましょう。

the bus (ザ・バス)

the bus (ザ・バス)

ハワイ州オアフ島にある唯一の公共機関が"ザ・バス"です。オアフ島内をほとんど網羅していて、80以上の路線があるとされています。
さらに嬉しいのは、どこまで乗っても2,5ドル(子供は1,5ドル)前後と格安。乗車時にトランスファー・チケットをもらえば、2時間中1回までの乗り継ぎも可能です。
4日間乗り降り自由なオアフディスカバリー・パスポートもあり、島内のABCストア全店にて販売されています。ぜひ、活用して下さい。
オアフ島内をほとんどこのザバスで行けるほど、路線は充実しています。全部で100近くの路線があるそうです。

ワイキキ・トロリー

ワイキキ・トロリー

ワイキキの主なホテルやショッピングセンター、観光スポットを3つのラインで結んだ交通手段です。
3つのラインに関しては、乗り降り&乗り換えともに自由。
また、日本語の車内アナウンスで停留場を案内してくれて安心です。
料金は乗車1回につき2ドル前後、1日パスだと大人25ドル前後(子供はその半額)です。

タクシー

目的地への移動やショッピングなど、さまざまな場面で気軽に利用出来るのがタクシーです。
しかし、ハワイのタクシーは日本のように"流し"をしません。
空港やホテル、ショッピングセンターといった場所から利用しましょう。
料金は初乗り2ドル前後、以降1/8マイルごとに25〜30セント前後が加算されます。
メーターの料金以外にも、15%程度のチップを忘れずに。
また、荷物1個につき1ドルのチップも渡しましょう。

自動車

ハワイ州運転免許を所有しているのは約82万人とされているため、1人に対して1.2台の車所有数となります。
そんなハワイの運転マナーはと言うと・・・ピカイチ。
譲り合いはもちろん、歩行者優先というマナー も徹底されています。
運転マナーにも、アロハ・スピリッツが行き届いている・・・といっても過言ではないでしょう。
運転マナーの悪い日本人にとって、ハワイの交通事情は勉強になるうえ心地良さすら感じます。

右側通行

ハワイは言わずと知れた右側通行です。
流れの中で走るには何ら問題ありませんが、一方通行や左折時には注意が必要。
ついつい左側に入ってしまうことも多いので、気をつけましょう。
また、赤信号でも右折することが出来ます。
いったん停止して、歩行者や左の車に気をつけて進んで下さい。
ただし、「NO RIGHT TURN ON RED」の表示があれば青信号にならないと進めません。

シートベルト

日本同様、運転席&助手席ではシートベルトを着用しなければなりません。
また、4歳未満の子供に関しては専用チャイルドシート の使用が義務付けられています。
一見、日本と同じ規則に思えますが、実は違反すると35ドルもの罰金が課されるとか。
シートベルトやチャイルドシートに関しては、日本よりも厳しく取り締まられていると考えていいでしょう。

スクールバス

スクールバスが停車中は追い越し&追い抜きは禁止、なおかつ他の車両も一時停止して子供たちの乗降が終わるのを待たなければなりません。
自分が走行している車線に限らず、対向車線でも同様です。
子供たちの安全を最優先する・・・これぞアメリカン・ルールといえるでしょう。
日本にはない、独特なルールなだけに忘れないよう気をつけましょう。

ハワイならではの交通標識!

道路標識は世界共通、日本と同じマークなので戸惑うことはありません。
ただし、標識に書かれている文言はすべて英語。
また、日本では見慣れないデザインが描かれていることもしばしばあります。
例えば "XING(クロッシング)"もそんな道路標識の1つ。
これは"前方を何かが横切るため注意"というサイン。
日本では鹿が描かれているアレです。
自然豊かなハワイでは、道路を横切る動物もさまざま。
ウミガメやロバなど、さまざまな動物が描かれていますのでチェックしてみて下さいね。

この情報は変更になることがありますのでご注意下さい。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.