バス事情
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

バス事情

ハワイ留学ライフをenjoy!

> > ハワイ留学ライフをenjoy ! > 過ごし方ガイド > バス事情

バス事情

過ごし方ガイド バス事情

バス事情

ハワイで生活をするにあたり、バスを使用する場面は必然的に増えてくるのではないでしょうか。便利な公共交通機関を使用したいけど、乗り方やマナーを知っていなければいろいろと問題が出てくるかもしれません。ハワイのバス事情を知って有効的に使用する方法をみていきましょう。

市バス

ハワイは多くのバス会社が存在ましますが、中でも路線の数や停留所の数が圧倒的に多く使用に便利なバス会社は「The bus」になります。オアフ島全域を運行しているので、日常生活や観光でも使用可能。市バスを活用すると、移動の幅も広がります。他にも観光客がメインで使用するトロリーも上手に組み合わせても良いでしょう。

停留所

停留所

停留所は場所によって、屋根があり椅子も設置されている停留所や椅子のみ、停留案内のみの停留所とさまざまです。比較的人が集まりやすい場所は整備されていますが、使用者が少ない停留所などは案内のみになるので見落とさないよう注意しましょう。

時刻表

ハワイの停留所は、日本と違い時刻表がありません。このことに驚かれる日本人は多いのではないでしょうか。停留所には市バスの停車する番号が記されているだけなので、停車したバスの番号を間違えないようしっかり確認してください。バスの前や横にきちんと番号が書かれているのでチェックできます。

料金

「The bus」の料金は18歳以上の大人が一律2ドル75セント、青年(6~17歳)1ドル25セント、子供(5歳以下)無料 になります。(2019年2現在)
通常料金と別に1日乗り放題のワンデイパス18歳以上の大人が5ドル50セント、青年(6~17歳)2ドル50セント、子供(5歳以下)無料も。
さらに1ヶ月使用できるマンスリーパス18歳以上の大人が70ドル、青年(6~17歳)35ドル、子供(5歳以下)無料もあります。使用頻度によって賢く利用できる方法を考えていきましょう。

乗り方

乗り方

「The bus」は運転席のあるドアから乗車してください。停留所であっても、運転手に乗りたい意志がわかるように手を上げて合図するなどしてちゃんと停車してもらえるよう心がけてくださいね。日本とは感覚が違うので注意してバスが来るのを待つ必要があります。

マナー

公共交通機関を使用する上で大切なマナーは、世界共通ではないでしょうか。お年寄りや子供、女性に優先的に席を譲りましょう。大型スーツケースは持ち込み禁止となるため、知らずに乗車しようとすると乗れないこともあるので気をつけて。しかし、ペットは膝に抱え、キャリーバックに入っていれば一緒に乗車可能です。
バスのルールも日本とは異なる部分が多くあるので、ハワイのマナーを守って便利にしようしてくださいね。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.