本格フラダンス編
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

本格フラダンス編

ハワイ留学ライフをenjoy!

> > ハワイ留学ライフをenjoy ! > やってみたら楽しかった!ハワイ留学 > 本格フラダンス編

本格フラダンス編

やってみたら楽しかった!ハワイ留学 本格フラダンス編

本格フラダンス編

ハワイと言えばフラダンスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
レイをつけて、楽しそうにハワイの音楽に合わせて踊るフラダンス。見ているだけでもハワイ気分を満喫出来るフラダンスですが、せっかくハワイを訪れるのですから、本場ハワイでフラダンスを習ってみませんか?
勉強で疲れた頭を気分転換させるのにもおすすめです。

フラダンスとは

「フラ」とは、ハワイの伝統的な歌舞音曲を指します。
宗教儀式の一部として神殿で男性が踊るものでしたが、やがて女性にも踊る事を許されるようになります。「フラ」は「ダンス」と言う意味のハワイ語になりますので、専門家は「フラ」と呼びますが、一般的には「フラダンス」と呼ばれています。「フラ」はダンスと言う意味の単語ですが、フラという言葉はダンス・演奏・歌・詠唱。フラに関する全てが含まれています。

フラダンスの歴史

ハワイ神話の中で、神がフラを行う場面が描かれています。
フラにはそれほどの古い歴史があります。ある伝説では、ハワイの火山の女神であるペレの末妹ヒイアカが、ペレの激しい気性をなだめるために踊ったと言われています。 別の伝説では、聖地カアナにフラの女神ラカがフラを生んだと言われています。5月にはフラの誕生を祝ってカフラピコ(踊りの中心)と言うお祭りがモロカイ島で開催されます。
また、モイケハ首長の息子ラアがカヒキ(タヒチと考えられています)からハワイに来た際に、パフ・ヘイアウ(鮫の皮で作られる、立って演奏する背の高いパフドラムの原型)やカーエケ・エケエケ(竹の筒を地面に当てて音を出す楽器)を持ち込み、フラで使われるようになったと言われています。ラアはカヒキに戻る前に踊りを教えてハワイ島を歩き回ったとも言われています。

昔は、フラは、ヘイアウ(神殿)でメレオリ(詠唱)を唱え、太鼓やパフを叩きながら踊ることで神への祈りを捧げていました。フラを人前で踊るためには、宗教の儀式や語りを学ぶ必要がありました。詠唱する人と踊り手を育て、踊りをクムに認められると身を清める儀式・カプカイを行います。ウニキと呼ばれる卒業試験のような儀式を行い、ようやく人前で踊ることが許されます。
1778年に西洋がハワイに接触しましたが、それ以前からフラはハワイにあり、その時にはすでに女性がフラを優雅に踊っていました。

フラダンスの種類

フラ・アウナア(現代フラ)

「アウアナ」とは「新しいスタイルの」「旧式から解き放たれた」と言う意味があり、形にあまりとらわれない踊りとなります。ハワイで行われるイベント等で踊られている、一般的なフラダンスです。ムームーなどのキレイな衣装を着て、化粧をし、ウクレレなどを使った様々なハワイアンミュージックにあわせて優雅に踊ります。

フラ・カヒコ(古典フラ)

「カヒコ」とは「はるか昔の・原初の」と言う意味があり、古代ハワイから伝わった神に捧げる神聖な踊りがフラ・カヒコになります。化粧はせずに、自然の植物や花で作った衣装で踊ります。神秘的な雰囲気のフラです。アウアナと比べると体力やテクニックが必要となりますので、アウアナを学んでからカヒコを習うことをおすすめします。
・フラ・アーラアパパ:最も伝統的なフラの基本となる神聖な儀式です。「アーラアパパ」とは「包み隠さず踊る」と言う意味があり、イプ(ひょうたん)の伴奏をバックに踊るフラでストーリーがあります。パントマイム的な表現もあります。
・フラ・パフ:太鼓の伴奏で踊ります。身振りが大きく力強く、気品に溢れる神聖なフラになります。

フラダンスの禁止

1820年には、プロテスタントの宣教師たちがフラは異教の踊りであるとし、ハワイでフラが禁止されてしまいました。しかし、1874年にカラカウアが王様になると伝統芸術の推奨と共に復活します。
1898年にハワイ王朝が崩壊しアメリカ合衆国に合併されると、ハワイ語を話すことが禁止され、伝統あるカヒコ・フラが衰退してしまいます。
一方、アメリカ軍の保養地となったハワイでは、訪れた人々向けに露出度の高い衣装でアウアナ・フラが多く踊られるようになりました。1970年代に入ると世界中で少数民族独立の運動が起こるようになります。それを受けて、ハワイでも伝統文化を復活させようとする動きが起こり、本来の意味をなくしつつあったフラが復活していきます。

フラダンスでダイエット

本格フラダンス編

女性の身体は筋肉よりも脂肪が多く、しかも下半身に水分や血流がたまるため、下半身が太くて悩んでいる女性が多くいらっしゃいます。下半身に老廃物が溜まると、太ももにセルライトが出来やすくなります。この下半身の悩みを、フラが解消出来ると言われています。

フラは、常に重心を低く取り、決まったステップを踏みます。また、上半身は背筋を伸ばして腰を振りますので、足回りや腰回りの筋肉を使います。腕を高く上げる動作が多いため、二の腕の筋肉も使います。簡単に踊っているように見えますが、実は思っている以上に難しい踊りになり、じっくりと身体に負荷がかかるため体力を使います。
フラを行うことで、基礎代謝が上がり太りにくい身体に変わっていきます。下半身や腰回り、二の腕などが鍛えられ引き締まります。

フラレッスン体験談

日本でフラダンスを踊っているのを見て、すごいなぁとは思っていましたが、自分が踊ろうとは思った事はありませんでした。ハワイで友人がフラダンスを習うから一緒にしないかと誘われ、勉強だけの毎日も寂しいので、友達作りの一環としてフラレッスンを受けようと思いました。思っている以上にハードで、気が付けば体重が5kgも減っていて驚きました!帰国した際に、家族から「何があったの?」と心配もされました。
フラはとても楽しくて、すっかりはまってしまいました。今は日本でフラを習っているのですが、ハワイの空気の中で踊りたくてウズウズしています。

アミ(24才)

この情報は変更になることがありますのでご注意下さい。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.