ウクレレレッスン編
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

ウクレレレッスン編

ハワイ留学ライフをenjoy!

> > ハワイ留学ライフをenjoy ! > やってみたら楽しかった!ハワイ留学 > ウクレレレッスン編

ウクレレレッスン編

やってみたら楽しかった!ハワイ留学 ウクレレレッスン編

ウクレレレッスン編

せっかくハワイに行くのなら、語学レッスン以外にも何か習い事をしてみたいと思いませんか?
そんな思いを抱いたのなら、ウクレレのレッスンはいかがでしょうか。

ウクレレとは

19世紀後半にポルトガルからの移民がハワイに持ち込んだ「マシェーテ」と言う楽器が、ハワイで独自の発展を遂げて「ウクレレ」になりました。
「ウク」は「蚤(のみ)」、「レレ」は「飛び跳ねる」と言う意味のハワイ語です。言葉の意味は、当時人気のあった演奏者のあだ名から付けられたと言う説と、小さな楽器の上で指が動き回る様子を現していると言う説があります。
ギターに似ている弦楽器の一種で、一般的にはハワイ音楽の演奏に使用されます。
ウクレレは基本的には伴奏するための楽器で、主旋律は他の楽器や歌声が担当します。
ウクレレは音域が小さいため主旋律の演奏には向きませんが、高度な演奏技法を磨くとソロ楽器として活躍することも出来ます。

ウクレレの種類

ウクレレレッスン編 ウクレレは4つの種類があります。ソプラノ(スタンダード)、コンサート、テナー、バリトンの4種類で、ソプラノが一番小さいサイズで高い音を出します。
私たちがウクレレと思っているのは、ソプラノやコンサートです。
バリトンはウクレレの中では一番大きく、テナーギターのようなサイズで、音もギターのような深みのある低音を響かせます。

ソプラノ(スタンダード)

入門用として人気があるのがソプラノ(スタンダード)。弦の長さは345ミリ程度と小型で、ネックも4種類の中では一番短く、フレットが狭くなっています。手の大きな方やギターを弾き慣れている方には若干扱いにくいかも知れません。ジョイントが12フレットになるため、ソロ楽器としての演奏するには高音で弾き辛くなります。

コンサート

ソプラノ(スタンダード)を一回り大きくしたもので、弦のサイズは382ミリ程度になります。ネックが長くスケールが広く、ジョイントが14もしくは15フレットになるため、ソロとしての演奏はソプラノよりも扱いやすくなります。サイズが大きくなる事で、音量も大きくなります。

テナー

コンサートを一回り大きくしたもの。ソプラノ(スタンダード)やコンサートは可愛らしい見た目なのに対し、テナーやバリトンはウクレレらしさが無く「ウクレレです」と紹介されないと気が付かない人も中にはいます。ネックがコンサートよりも長くなり、音量もさらに大きくなります。弦の長さは432ミリ程度で、ジョイントはコンサートと同じく14もしくは15フレットになります。

バリトン

ウクレレの中では最大の大きさで、小さいギター(テナーギター)と同等のサイズです。ギターと良く似た低音で深みのある音が出ます。弦の長さは512ミリ程度で、ジョイントは14もしくは15フレットになります。

ウクレレを演奏するためのレッスン

ウクレレを演奏するためのレッスンでは、まず構え方や音の出し方を学びます。
どんな楽器でも、持ち方はとても大切。例えば、ピアノは手の形を卵型にすると言います。それを守らないときれいに響く音が出ないのです。また、構え方を間違えると引き辛く肩や腕が痛くなることもあります。また、弦楽器ですのでチューニングも必要になります。
レッスンでコードの押さえ方を習ったら、簡単な曲の演奏に挑戦してみましょう。

ウクレレのお手入れ

手の汗や脂が塗装を劣化させる原因となりますので、演奏後は柔らかい布で乾拭きします。
目の粗い物で拭くと塗装が傷ついてしまいますので、楽器専用のクリーニングクロスを使用して下さい。ギター用のものや管楽器用のもので拭き取ります。
シリコンクロスは塗料をはじいてしまいますのでおすすめ出来ません。汚れがひどい場合は楽器用のポリッシュやクリーナーを付けて、跡が残らないようにきれいに拭き上げます。
ただし、オイルフィニッシュの楽器には使用出来ませんので、楽器店で先に確認しておきましょう。古い楽器でひび割れている楽器にも使用出来ませんので、乾拭きだけにします。
水で汚れを落とす場合は、柔らかい布を堅く絞り拭き、さらに乾いた布で乾拭きします。指板面は弦が邪魔をして拭きにくくなりますが、時折弦を緩めて堅く絞った布で拭き上げて下さい。
指板用のオイルやクリーナーも販売していますので、それを付けて拭くのもおすすめの方法です。指板面は、楽器用のオイルクリーナーを薄く塗ることでお手入れが出来ますが、その他の部分にオイルは付けないように注意しましょう。

ウクレレの保存方法

ウクレレは湿気が苦手です。湿気を吸うと表板が変形してしまいます。そのため、高温多湿になる場所には置かないようにして下さい。楽器用の乾燥剤が販売されていますので、夏場はウクレレケースの中に入れておくと安心です。
また、ウクレレは乾燥しすぎると表板が割れてしまうことがあります。冬場は加湿材を入れて保管しましょう。
少しでも以上や不安を感じた場合は、楽器店に相談しましょう。

ウクレレレッスン体験談

はじめはウクレレにあまり興味はなかったのですが、ハワイにいるうちにどんどんウクレレの音が好きになってきました。
期待せずにウクレレの演奏レッスンを受けてみたら、自分の指先からハワイっぽい音楽を演奏する事が出来るのがとても楽しくて、はまってしまいました。
ウクレレの演奏が出来るようになると、一気にハワイの住民に近づけたようでとても嬉しいです。
日本に戻ったら、演奏を家族や友人に聞かせてあげたいと思います。

サユリ(28歳)

この情報は変更になることがありますのでご注意下さい。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.