TOEFLとは
ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

Bridges for International Communication

全国7箇所にご相談窓口を設けており、ハワイオフィスもあります。

ハワイ語学留学・短期留学をサポート【公式】スタディハワイ

B.I.CBridges for International Communication

ハワイサポートオフィス 仙台 東京 横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 大分 全国7箇所にご相談窓口を設けております。

head_menu

TOEFLとは

英語を上達させる方法

> > > 英検/TOEIC/TOEFLなど様々な英語検定の比較 > TOEFLとは

TOEFLとは

英検/TOEIC/TOEFL検定比較 TOEFLとは

英検/TOEIC/TOEFL検定比較 TOEFLとは

Test of English as a Foreign Languageの略で、1964年に英語を母国語としない人々の英語によるコミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体のEducational Testing Service(ETS)により始められました。
実生活でのコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFLテストの種類と受験方法

TOEFLテストの種類と受験方法

TOEFLではTOEFL PBT(Paper-based Test ペーパー版テスト)とTOEFL iBT(Internet-based Test インターネット版テスト)があり、現在日本ではインターネット版テストが実施されています。
また、TOEFLテストと相関性の高い団体向けテストプログラムとして、TOEFL ITP(Institutional Test Program)というものがあります。TOEFL ITPは学内プログラムの効果測定やクラス分け、交換留学の選考などに利用されています。

セクション Reading 問題数・形式 3~4パッセージ
各12~14問
(1パッセージ約700語)
・選択問題
・文を挿入する問題
・グループ分けする問題 など
時間 60~80分 スコア 0~30
セクション Listening
マイク付き
ヘッドセット使用
問題数・形式 2~3会話(1会話約3分) 各5問
4~6講義(1講義約3~5分) 各6問
・選択問題
・表を完成させる問題 など
時間 60~90分 スコア 0~30
セクション Speaking
マイク付き
ヘッドセット使用
問題数・形式 Independent Tasks 2問
(準備:15秒 回答:45秒)
・好みと理由を問う問題
・指示する意見と理由を問う問題
Integrated Tasks 4問
-Read + Listen →Speak 2問
(準備:30秒 回答:60秒)
-Listen→Speak 2問
(準備:20秒 回答:60秒)
・要約する問題(大学生活を想定)
・問いに答える問題(講義を想定)
時間 約20分 スコア 0~30
セクション Writing
タイピングのみ
(手書き不可)
問題数・形式 Integrated Task 1問
-Read + Listen→Write
(150~225語程度)
・要約する問題
時間 20分 スコア 0~30
セクション Writing
タイピングのみ
(手書き不可)
問題数・形式 Independent Task 1問
(300語程度)
・意見に基づき作文作成
時間 30分 スコア 0~30
セクション Total 問題数・形式
時間 4~4.5時間 スコア 0~120

TOEFL iBTを受験するにあたってはETSのTOEFLテスト公式のホームページで受験の申し込みをします。

Step1 Bulletin(受験要綱)の入手・熟読

受験者は必ずBulletin(受験要綱)を読んで理解しなければなりません。

Step2 身分証明書(ID)の準備・確認

ETSの定めた身分証明書を試験当日に提示しなければなりません。もし、提示出来ない場合は受験出来ません。

Step3 My Home Page作成

TOEFL公式ホームページ上で個人のアカウントページを作成する必要があります。 My Home Pageではテストの申し込みやテストのキャンセル・変更、スコアの確認など、TOEFLテストに関することの設定や確認が出来ます。

Step4 支払方法の準備・確認

支払方法はクレジットカード、国際郵便為替(米ドル建て)、送金小切手(米ドル建て)になります。ご自身の都合の良い方法を選びましょう。

Step5 申し込み

申し込みにはオンライン、郵送による申し込み、電話での申し込みの3パターンがあります。
申し込み方法により支払方法が変わりますので注意しましょう。

TOEFLテストの種類と受験方法

英検、TOEIC、TOEFLと英語に関する資格がありますが、実際どの資格を取得した方が良いのかは目的により異なります。
これを取得すればオールマイティーという資格ではなく、どの資格もそれぞれの目的によって効果を発揮する資格になります。
以下はおよその参考として各資格別のレベル比較表になります。

英検 TOEIC TOEFL iBT TOEFL PBT
1級   120 677
990 111 641
810 91 578
準1級 740 82 554
2級 525 53 477
準2級 400 40 435
3級 365 38 423
4級 260 28 386
5級      

TOEFLテストは英検やTOEICに比べると留学する方向けで、語彙が難しく感じられます。
試験問題の中にも大学生活を想定した内容や講義を想定したものがあるので、海外留学を考えているならTOEFLの受験を考えてみましょう。


PageTOP

© Study Hawaii All Rights Reserved.